きいろいよるは目に見えぬけれどアッケラボウのボォトのように笑顔でいのりをこめることはできる

きいろいよるは目に見えぬけれど、笑顔でいのりをこめることはできます

うたうもの

7分 (4,111文字)

9 83

あらすじ

まぼろしの黒い夜空と星ぼしに囲まれ、きいろいよるはわたしたちの目には見えません。 しかしアッケラボウのボォトのようにいつも笑顔を浮かべながら、きいろいよるへの小さな小さな願いを集めることはできるので

感想・レビュー 4

ストレートに心に訴えかけられるメッセージを感じました。 今見えている者は、真実なのか? 私たちが本当に祈らなきゃいけないこととは何か? 小さな祈りこそが、今の私たちに必要なことなのではないか・・
1件3件

※このコメントはネタバレを含みます

1件11件

※このコメントはネタバレを含みます

1件1件
もっと見る

この作者の作品

もっと見る

その他情報

公開日 2017/5/11