※このコメントはネタバレを含みます

この作品は作者の作品の中でも傑作に入るのではなかろうか。タイトルの妙、読者をひきつける謎の提示、構成のうまさ、丁寧な描写、読後の余韻、五拍子相まって作者の思うツボに読者ははめられる。 そして、この作
良い作品です。 読み手としても、書き手としても。 流れ、文体、言葉選び。素晴らしいです。もちろんストーリーも。 今丁度新作を一本書いて、しかも新作セレクションに選ばれて、少し心に余裕が出て来ました。

※このコメントはネタバレを含みます

※このコメントはネタバレを含みます

/1ページ

5件