地下鉄冤罪事件

通勤で毎日地下鉄を使う修司は、ある日突然身に覚えのない窃盗容疑で逮捕された。

虹崎 倭富

10分 (5,664文字)
地下鉄独特の状況でしか起こりえない冤罪事件を扱った物語です。

2 19

あらすじ

地下鉄独特の状況でしか起こりえない冤罪事件を扱った物語です。

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品

もっと見る