吾輩は¥である

一円玉が人から人へと渡って行き、持ち主の人間模様と一円玉の冒険譚

虹崎 倭富

3時間29分 (124,826文字)
金は天下の廻り物、一円を笑う者は一円に泣く。一円を中心としたお金たちが見た人間の群像劇

6 87

あらすじ

 皆さんは、給料やお釣りとして手にしたお金が、どんな場所を巡って、どんな人間の手を伝って、自分の元へやって来たのか、想像した事はあるだろうか?  また、自分が支払いに使ったお金が、これからどんな場所を

感想・レビュー 2

木のような感じがするお話 そう思いながら 読み進めておりました。 タイトルにあるように 一円玉を初めとする お金にスポットを当てて 彼らが流通の中で 見知ったことを 夜話のように 聞かせてくれ
1件2件
たかが一円、されど一円 お金の中では最も軽く扱われてしまい易い一円君の冒険!お金の流通、お金ならではの人間観察も微笑ましく、表紙も可愛いいのですが、中々シビアでシリアスな場面に出くわし、時にハラハラ 
1件1件

この作者の作品

もっと見る