新選組 山南敬助の脱走

法度を犯し脱走した新選組総長 山南敬助の最後の物語。

滝 一郎

14分 (8,067文字)

7 15

あらすじ

新選組総長という立場にありながら、局中法度を犯し脱走した山南敬助。 そこには意外な人物の関与がありました。 粛正をも覚悟の上で脱走し、その理由を最後まで明かさなかったのは何故だったのでしょう。

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品