蒼い月

踏み込んではいけない。分かっているのに、どうしようもなく惹かれていく──

林 奏

恋愛 完結
3時間38分 (130,294文字)

2,554 3.2万

あらすじ

“長谷デザイン 代表 長谷貴文” ブルーを基調にした、シンプルだけれどスタイリッシュな名刺。 その名刺を受け取った時にはもう、すべてが決まっていたのかもしれないとすら思う。 あなたは、その優しい手

タグ

感想・レビュー 29

スゴく引き込まれました

真面目な理香ちゃんらしくて 途中切なくなりましたが 長谷さんの誠実な人柄が どうしても理香ちゃんを裏切るようには 思えなくて 理由を知るまで理香ちゃんと一緒に 泣きながら読んでました 理由がわかった
1件1件

スゴく引き込まれました

真面目な理香ちゃんらしくて 途中切なくなりましたが 長谷さんの誠実な人柄が どうしても理香ちゃんを裏切るようには 思えなくて 理由を知るまで理香ちゃんと一緒に 泣きながら読んでました 理由がわかった

切ない中に救いがありました

良かったです。林さんの作品は心が暖かくなり好きです。細かな登場人物の設定や描写で、林さんが自己満足で書きなぐっていないことがわかります。又、作品全てが暖色を放ち読んでいても何度も読み返したくなります。
もっと見る

この作者の作品