わたしと玉彦の四十九日間【完結作品特集掲載】

ド田舎で過ごす夏休み。わたしはおかっぱ男子で惣領息子の玉彦と出会った。不可思議な日常が幕を開ける。

㈱らいちっち

3時間43分 (133,658文字)
20180731完結しました。

453 4,770

あらすじ

守らなければならない村の『しきたり』 惣領息子様と呼ばれる『玉彦』 そして隔離された村という領域のなかで巻き起こされる『奇々怪々』 中学一年生の比和子は、母親の出産、父親の海外出張のため、夏

シリーズタグ

感想・レビュー 6

とても面白かったです! 舞台もキャラクターも魅力的で、一気に読んでしまいました 続編もあるということで幸せな気持ちです 途中まで、玉彦は本当は人じゃないのかと思っていました(笑)
1件
サクサクと読めて、無駄な引き延しが無かったので、ストレスなく読めて面白かったです。 序盤で玉彦が登場するまでは穏やかな流れだったけど、それ以降はドキドキしながら読んで楽しめました。
1件
完結特集で興味をひかれ、読み始めたら……! 自然豊かな(なんにもない、と作中でよくありましたが)情景も、 登るのがしんどそうな石段も玉様のいるお屋敷も、 不思議な神様たちも、 どれも描写が瞼の裏に映る
1件1件
もっと見る

スター特典 あなたが送ったスター数 ★0

この作者の作品

もっと見る