農諺木

今の若者が、そのサクラの下を歩いてきましたよ。

途次大志

青春 完結
4分 (1,853文字)
第73回「桜の木の下で」 三行から参加できる超・妄想コンテスト 応募作品

7 270

あらすじ

サクラが咲き誇る川沿いを若者が歩いてくる。 人にとって、ある役割をもった樹木を、昔の人は農諺木(のうげんぼく)と名付けた。 サクラもまた農諺木である。

目次 1エピソード

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品

もっと見る