当たり前が当たり前じゃないのが当たり前の奇妙な世界

今年、高校を卒業したばかりの考太郎は上司を前に思考の中にいた。

途次大志

5分 (2,566文字)
第98回「となり」三行から参加できる超・妄想コンテスト 応募作品

5 51

あらすじ

学校のテストも客観的な視点で推測し、論理的に考えを巡らせ、解決へと導いてきた主人公にとってこの世界は奇妙なままであった。

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品

もっと見る