午後3時を迎えたら大学に戻っておいで

第102回「3時」三行から参加できる超・妄想コンテスト 応募作品

3 64

7分 (3,617文字)

あらすじ

不思議なくらい何気ない日々の記憶が残り続けることがある。

タグ

目次 2エピソード

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

その他情報

公開日 2019/6/16

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る