春宵綺譚(電子書籍より一篇無料公開分)

「春が来たれば又御逢ひ出来ます故――」其の様に云ひ遺し消へた女は一体。

朧月院 零 @首魁R(#ジゴタカ完結)

3分 (1,332文字)
電子書籍からの一篇無料公開分です。詳しくはプロフ参照。

14 1,929

あらすじ

あらすじはありません

目次 1エピソード

感想・レビュー 5

古風な文章でありながらとても綺麗で読みやすいお話でした。流麗で繊細な描写が物語の世界観をより引き立てていると思います。 『凄い』この一言が真っ先に思い浮かびました。 素敵な小説を読ませて頂きありがとう
1件
初めまして、カコ ミライと言います。 まずはいつものお礼を。 いつも私の書いているものを読んで下さり、ありがとうございます。 読ませて頂いて、古文的な表現が、幻想的で儚げな春の様子にピッタリと寄り添
2件
流れるような美しい文章含めて完成度の高い作品で、思わず自分の文章力や読点の使い方が恥ずかしくなります。特に「女は美しかった」からの女性の描写が映像的かつ流麗で素敵です。素晴らしい作品だと思います。書き
もっと見る

この作者の作品