それでも

悲しみ以上の感情を知るために僕らは産まれてきた

8 92

21分 (12139文字)

あらすじ

主に書き留めていた詩の置き場です。 2018.6.15 非公開から公開へ再開しました。 なんのために産まれてきたのか。 なんのために。 生活をこなし 感情を殺し 聞いてもいない話に相づちする 張

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

その他情報

公開日 2018/4/27

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る