毎朝、毎晩、夢を見る。

この部屋に、油絵に。孝文と過ごす日常だけが私の現実。

早川素子、雨宿りのための物語を書こう。

11分 (6,316文字)
これは一体誰のための物語になるんだろうか。

3 24

あらすじ

孝文に見合う女になりたくて この会社をまずは三年続けることを約束した。 油絵に囲まれて、 もう住み慣れたこの部屋で、 私は私の日常を過ごすの。 たった一人の孝文と。 ―――――――――――――――――

目次 1エピソード

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品

もっと見る