化して生くる者の戻らざるや如何に〈明治妖狐譚〉 本編

 明治時代の帝都を舞台に、さやけき幻想譚を。雪の下から救い出された美しき人は…

57 258

2時間36分 (93274文字)
 まあ、そう急がず、古き良き時代の香りを。煎茶に混ぜて、一服いかがです?

あらすじ

 私の母はね、狐なのです。  嘘ですって?  まあ、私の母を嘘つき呼ばわりですか。私は信じていますよ。  人に化けて人と結婚して人の子を産んで。お産の時に、「決して見てはなりません」と、そう言って

シリーズタグ

感想・レビュー 1

やっと追いつきましたよ! 先が気になるぅ(O_O)ドキドキ これから短編も読んでいきます☆

その他情報

公開日 2018/7/25
特集

完結作品特集

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る