明治妖狐譚
 明治時代を舞台とする幻想譚でしたが、過去から現代まで、いろいろと広がってきました。新作として、「いないけれどいるけれどいない」の投稿を完了し、さらに「百夜物語〈鬼〉」を連載中です。  それぞれ別