ささやくむしたちのこえ

あの日から、ずっと蝉の声がしている。あたまのなかで、いく匹もの蝉が、ささやくように泣いているんだ。

秋野きつ

1時間45分 (62,829文字)
あかるいばしょにいるあなたへ。

9 12

あらすじ

 やあ、今日も暑いねぇ。  冷たい水を汲んできたから、遠慮せずに飲みなよ。蝉時雨がうるさくて静かなこんな日は、本家の庭で散々に叱られていたことを思い出す。  日差しの底、半泣きで捨ておかれた僕に

シリーズタグ

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません