夜に奪われる

 海斗は歌を聞いた。悲しい声の、美しい歌を。

蒼月ヤミ

4分 (1,916文字)
一夏の思い出という感じの短いお話です。スター50個ありがとです!

2 150

あらすじ

 夜、海斗は歌を聞いた。  悲しい声の、美しい歌を。  海斗は家を抜け出して、その歌を、辿った。

感想・レビュー 1

夜。抜け出したときに聞いた美しい歌声。 読んでいくうちに、惹きつけられる文章が素晴らしいです。 内容も分かりやすく、短いのにとっても繊細な物語。 描写は美しく、最後、世界の終わりを告げるかのように海の
ネタバレあり
1件2件

この作者の作品