多伎の海に今日も夕陽が沈んでいく

島根県の多伎の病院脇の砂浜で夕陽を眺める大倉。危篤の祖父の人生に想いを巡らせる。

途次大志

3分 (1,542文字)
第81回「夏が来た」三行から参加できる超・妄想コンテスト 応募作品

5 88

あらすじ

祖父の危篤の知らせを受けて、妹と母親と伴に島根県の多伎町の病院へ来た大倉。夕陽の名所として全国的に知られる砂浜で一人、沈みゆく太陽を眺めている。可愛がってくれた祖父の夏の日のように長い人生に想いを巡ら

感想・レビュー 1

拝読いたしました。 家族の物語が好きで、よく読みますが、この物語は夏と人生を絡めた素敵な小説でした。
1件

この作者の作品

もっと見る