呑み処東雲

呑み屋のおっさんと若き料理人とその他もろもろの訳アリまったり小説

青虫

BL 完結
5時間47分 (207,949文字)
店主のおっさんが明け方の路地裏で若者を拾ったところから始まり、常連客とわいわいしたりしなかったりする、訳アリまったり小説

883 6,114

あらすじ

ゴールデン街にひっそり構える「呑み処東雲(のみどころ・しののめ)」 店主のおっさんが明け方の路地裏で若者を拾ったところから始まり、常連客とわいわいしたりしなかったりする、訳アリまったり小説。 うまい酒

感想・レビュー 4

日夏君がとにかく可愛い!

面白くて一気に読み進めてしまいました。 日夏君が健気で、所々読んでいて涙が出ました。特に第二部からのいろんな不安を抱えながら丈さんと向き合おうとする日夏君が可愛くて…言葉数は少ないですが、破壊力のあり
ネタバレあり
3件1件

呑み処東雲

二人の出会いからを見守ることが出来て幸せです。日夏くんはとにかくずーっと可愛くてそりゃ丈さん大変だわぁ…♡♡なんて。このお話、情景、心情すべてが丁寧で繊細に書かれていて読んでて自分が幸せな気持ちになっ
2件1件

お幸せに~(≧∇≦)b

一気読みしました!途中で何度もうるうるしましたよ~健気日夏が少しずつ丈さんと幸せになっていく描写がすごく素敵でした! これからもたまには2人のいちゃこらな日常を描いて下さいね!
2件1件
もっと見る