傍らに書物を置いて

江戸の片隅。棟梁に留守番を言いつけられた見習いの若者に近所の小僧がやってきた。

途次大志

4分 (2,165文字)
第83回「青」三行から参加できる超・妄想コンテスト 応募作品

5 120

あらすじ

江戸の片隅。近所の小僧が大工見習いの若者に「なんか、また話を聞かせておくれよ」とせがんでいます。若者は優しく小僧に話し始めました。

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品

もっと見る