特集

Maybe Blue ~夜明けのモノクロームビーチ~

記憶と色を失った謎の青年。彼に尽くすベトナムの少女。2人の『Maybe Blue』が交差する

98 2,021

1時間15分 (44,682文字)
犯罪小説×恋愛小説×謎解きミステリー 舞台はダナン

あらすじ

★ 祝!新作セレクション11/8号にPICK UPいただきました ★ 2018.11 ミステリー部門完結ランキング2位獲得。皆様のお陰です。感謝! 2019.05 令和元年リニューアル。ベトナム語が文

感想・レビュー 10

表紙が変わりましたね

以前読んでいて、何処かに埋もれてました。表紙が変わったきっかけで、 読んでいこうと思います。ベトナムの空気が好き。 時々は言ってる、ベトナム語と写真でイメージもさらに高まります。 味志さんのお話は、何

モノクロームの世界から

記憶を失った青年という序盤の設定から惹きこまれました。記憶を紐解く中での少女ロアンとの関係も手に汗握る展開でした。作者様の豊富なベトナムの知識や写真からもエキゾチックなハードボイルド調を堪能することが

小説で旅するベトナム

味志ユウジロウ様、大変お待たせしてしまい、申しわけありません。 海外作品、相互レビューに参りました。 読者の前にビーチが広がる。波音や海鳥の声、記憶喪失の男……劇場で映画を観ているかのような錯覚に陥
もっと見る

その他情報

公開日 2018/10/6
特集

新作セレクション[11/8]

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る