受賞

またいつか、何処かの未来で

灯木りん

14分 (7,819文字)

140 357

あらすじ

あらすじはありません

タグ

感想・レビュー 3

『命に限りがあるのはなぜか』が分かる作品だと思います。 短命と長命の人間がいる世界で、主人公は不老不死となって生き続けていました。 主人公の心の穴は、思い出が増えるにしたがって段々と小さくなってい
ネタバレあり
短編なのに、どっぷり世界観にはまって読めました。全体がセピア色のような、優しいお話。大好きです。
非常に面白く読み進めました。 短寿、長寿、という世界観。そしてリオの授かった不老不死の生。孤独に生きていた彼の人生に、新たな光が差し込むことを示唆できる最後、素晴らしかったです。 大賞おめでとうござい
ネタバレあり
1件

この作者の作品

もっと見る