旅の始まり

死んだ筈の魔法使いが魔法石「フィズ」を宿し、目覚めるまで。

33 554

35分 (20,647文字)
「緑の風と小さな光」のセレの目覚めを改めて書いてみました。本当に自己満足の世界です。

あらすじ

ロストークという国の第一王子として、この世に生を受けたセレだが、心臓が弱いため王位継承者として認められず、1人離宮に住んでいた。 魔法の力は強かったが、それを使いこなすだけの体力が無かった。 ある

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作品を含む作品リスト 1件

その他情報

公開日 2018/10/30

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

黒と白の異世界録

初作品

ファンタジー 完結 過激表現
14時間55分 (536,861文字)
もっと見る