特集

星を架ける数

星と一緒に、いつまでも、見守っているからね

87 1,251

3時間43分 (133,348文字)
いつか、空に、還る

あらすじ

数学の先生を父親に持つ直と、同級生の細道くん。直の小学生の時の担任だった舞と、直の父親の尾崎。四人それぞれの交錯する想いと、それを見守る星。家族の絆や、初々しい恋愛模様、そして、届くことのない、行き場

感想・レビュー 2

イベントから訪問し、30P(2019/2/28現在)まで拝見いたしました。 30P時点では二つの恋を同時に描いていく丁寧な作りの恋愛小説と感じました。 落ち着いた筆致は読みやすく、装飾は薄いものの
こんばんは、亜彌那さま。 夜分遅くにすみません。コメント失礼します。 イベントにて『星を架ける数』をご紹介して頂きありがとうございます。 遅くなりましたが、70ページまで読ませて頂きました。 と
2件

この作者の作品

もっと見る