受賞
マゼンタ

ハングリーエイプ

正体不明の猿たちが人間から仕事を奪っていく。(第3回yomyomコン準大賞作)

36 156

SF 完結
21分 (12,390文字)
表紙イラスト自分で描きました

あらすじ

どこからともなく現れた黒い毛むくじゃらの猿の群れが、人間社会に入りこみ、仕事をはじめる。人間とは異なるコミュニケーション能力をもち、みごとな連携で、彼らはじわじわとその活動範囲を広げていく。

シリーズタグ

感想・レビュー 1

最初は猿たちの生活の様子を想像してのんきにかわいいなーなんて思ってたんですけど、話が進むごとに言葉にし難い恐怖感がせり上がってきます。主人公の語りがそのまま自分のもののように染み込んでいく。 なんだか
2件1件

この作者の作品