3分 (1,644文字)
拙宅「オニのクビ」を読んでいただけた方には、ちょっとだけニヤリとできる話となっております

0 1

あらすじ

とある山村の何も無い山道で、経を捧げる僧が一人。 声をかけた村人に、彼は語りはじめる。 「……むかしむかし、小さな二人の子どもがおりました──」  ※※※  特に作中明言はしていませんが、江戸時

シリーズタグ

目次 1エピソード

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品

もっと見る