アラディア、あるいは死神の物語

運命を入れ替える蝋燭

甚平

2時間0分 (71,911文字)
説明文更新完了(2019/1/11)

69 991

あらすじ

 顔を隠し、暑苦しい旅装に身を包んで国中を回る。  少女、アラディアは配置薬を扱う薬屋である。水の都と呼ばれる首都エドモントン市で様々な出来事に巻き込まれる。  大店の若旦那と置屋の芸者の間の恋のこと

タグ

感想・レビュー 6

人の情と欲の隣には命の終わりがそっと寄り添い、蝋燭の火か消える

 あまりレビューという者は、この土佐屋には敷居が高い。  人様が身命を賭して書かれた作品成れば猶更で御座います。  そのような作品を評価するのは如何様な身分が高い者なのか。  自身が馬糞の匂いにも劣る
2件1件
甚平様、以前は私の小説にレビューありがとうございました。 こちらの作品、第1章まで読ませていただきました。カナダのエドモントンが舞台だというのがすごく良かったです。また、情景描写のどこか哀愁漂う感じ
1件1件
少し癖のある会話のテンポに初めは『んん?』と首を傾げるが次第にそのやりとりがクセになる!気付けばアラディアの世界にどっぷりハマりページをめくる手は止まりません! 緻密な設定に独特な表現方法、主人公をは
1件1件
もっと見る

この作者の作品

もっと見る