読めない科学

高校生の時からずっと好きだった彼に告白して、もらったものはただの白い紙…?

徳井空也

恋愛 完結
13分 (7,346文字)

8 62

あらすじ

高校生の時からずっと好きだった耕太くんに告白した主人公。 耕太くんからもらった返事は、「これが僕の気持ちです」と書かれたメモと、ただの白い紙だった。 科学が得意な耕太くんのことだから、なにか仕掛けがあ

タグ

感想・レビュー 3

小説読ませて頂きました。 初めは読めないってなんだ?と思っていましたが、なるほど、物理的に読めないだったんですね! 発想が面白いなぁと思いました。 序盤では主人公が堺くんに会うために時間を作ったり、
ネタバレあり
『読めない科学』ご覧になりました! 文章が丁寧で読みやすく登場人物の動きや行動が器用に表現されていますね。 エリートに恋する少女の恋愛物語、素敵です! 告白した卒業式の日、『うちの学校からその大学行
ネタバレあり
1件1件
アメリカンに終わったー!! ブンブンに振り回される主人公ちゃんと共に翻弄されてました(笑)まさか4年経つまで読めないとは………確実に大学中に読めないじゃないすかぁ。 まぁそれだけ一途に思ってくれてる彼
ネタバレあり
1件

この作者の作品

もっと見る