詩もしくは何か

詩のような短文、ただの短文もあります

神楽京介

11分 (6,288文字)
すごく短いので気軽に読んで下さい

22 1,038

あらすじ

発泡酒をあおりながら、書き続ける文章に共感してほしいとは言えませんが、こんな奴もいるんだと、思ってもらえれば幸いです。

タグ

感想・レビュー 1

影に触れつつも力強くて

最初数ページ読んだところでは、暗めの詩なのかな? と思っていました。読み進めると、人が生きる上での悲哀を孕みつつも、地を踏んで、大事なものを見つめようとする、静かな炎のような力強さを感じました。 小説
1件2件

この作者の作品

もっと見る