受賞

ツク

特養夜勤の迷信

16 74

ホラー 完結
10分 (5,529文字)
死ぬ時、側にいてもらいたい職員を選ぶ権利が、ひとにはあるのかもしれない

あらすじ

「ツイている」という迷信がある。 特別養護老人ホームでは、夜間帯に利用者が亡くなることは、ままることだ。 問題は、特定の夜勤者の時にばかり、それが起きること。 その時を待つ利用者からすれば、優しく丁寧

タグ

目次 1エピソード

感想・レビュー 1

林檎ホラーの真骨頂

これは業界あるあるですよねー。多分医療関係でもおんなじようなこと囁かれていると思います。 不思議なもんで、この業界に長くいても夜勤やってても、急変だったり死だったりに縁がない(というと語弊があるかもし

その他情報

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る