#9.浮標(ブイ)――待つ男――

「それが現われた時、僕は……」一枚の絵の前で待つ男と、美術部員神楽響子との対話。

7 1,062

38分 (22,759文字)
平面系世界第九話に該当する話。登場人物は#2と共通です。

あらすじ

これからのことであれこれ悩む高校美術部員の神楽響子。 二月終わりのある日、先輩で美術部長の卜部孝と、馴染みの画廊へ、頼んでおいた画材を受け取りに行きます。そこで、ショーウィンドウに飾られた絵の前に佇む

シリーズタグ

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

その他情報

公開日 2018/12/28

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る