23 302

1時間37分 (58,088文字)
米津玄師さんの「orion」を聞いてください。アラタさんが昴のテーマに選んでくれました

あらすじ

ヨーロッパ音楽界に現れた沖島昴。しかし、元気印で知られる彼の様子がおかしい。 そこには彼の友人の死が関係していた。 表紙は紺野遥さま![link:crea_u?c=U2FsdGVkX18xXOTc5M

キャラクター

タグは登録されていません

感想・レビュー 2

舞台は日本から世界へ。 何度も立ち止まって考えさせられる深いテーマがありました。主人公を通して読者に「なぜ?どうして?」と訴えかけてくるように。 そして、要所要所で選ばれた曲はとても重要なメッセー
ノクターンに続くほんの少し大人になった三人の新たなストーリー! 北欧を舞台に試練を乗り越えて成長していく三人に心から声援を送りたい、そんな気持ちでいっぱいです。 温かで優しい言葉たち。物語の中で鳴り続

その他情報

公開日 2018/12/30

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る