ヒヨドリの啼く山のふもとで

山奥の流刑地に訪れた、不思議な恋の物語

まどか菜々

1時間38分 (58,302文字)

2 9

あらすじ

北陸の最奥地、多賀藩領の果ての小さな村。 肝煎りの娘・巴は、自分に自信の持てない気弱な少女だった。 春祭りの夕暮れ、巴は姉の言いつけで村の外れの流刑小屋へ訪れ、 美しく聞き慣れない言葉を話す青年に出会

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

その他情報

公開日 2019/1/24