昼下がり、鉛色を歌う

彼女は集める、散り散りに割れた自分を――

高羽慧

9分 (5,359文字)

4 181

あらすじ

ある日、主人公の頭に歌が鳴り響く。 歌うのはセラと名乗る少女。 不思議な彼女の願いは、バラバラに散った自分の“カケラ”を集めること。 主人公は、そのカケラを持っているというのだ。 思い当たることがない

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品

もっと見る