廊下役

控室を出た船越は舞台へと続く長い廊下を歩きながら幼き日の偶然を思い出していた。

途次大志

5分 (2,698文字)
第93回「新しい○○」三行から参加できる超・妄想コンテスト 応募作品

4 21

あらすじ

自分のやっていることが何の意味があるのかなんて誰にもわからない。

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品

もっと見る