可愛い彼女みつけてね

落ち着いたキャリアウーマン。でも8歳年下の彼にはいつも、素直になれない。

沢村 基

29分 (17,257文字)

28 115

あらすじ

千里が五歳の頃、父親は外に女性をつくって出て行った。 その日から千里は男性に素直になれない。 父親にも、恋人にも。 それは、ひとりで自分を育ててくれた母への遠慮か。それとも男性への不信感か――

タグ

感想・レビュー 3

うっかり外で読んでしまい、後悔しました。 じんわりではなく、ぼろぼろ泣けました。 基さんの描かれる、母と娘の関係。 拝読するたびに、胸が締めつけられます。 共感とは違う、自分にはわからないはずの感覚
ネタバレあり
1件1件
小説は人間の苦悩や人生の生きざまを描くもの。この作品はまさしくそれを描ききっていると思いました。基さんの作品は、だからこそ高い評価を獲得できているのだと。 本作も短いながらも、主人公千里の葛藤や隼人の
1件3件
自己肯定感の低い千里は、恋人隼人との関係さえ自然に持てず、いびつな関係となってしまう。 どうなるのかと心配しながら読み進めていくと、最後に隼人の愛で救われました。 二人の関係がとても美しくて優しく描
ネタバレあり
1件1件

この作者の作品

もっと見る