エルシーアの金鷹と碧海の乙女

運命の風が運んで来たのは傀儡としての未来か、空を羽ばたく為の自由か――。

45 675

4時間12分 (150,638文字)
【挿絵追加】3章・14章・25章・30章の章タイトルページ部分。

あらすじ

絶海の孤島クレスタ。ここで海神に仕える巫女リュイーシャは、家族と共に穏やかな生活を送っていた。あの長い夜が始まるまでは。 「お前が守れるものなど、もう何もないんだよ」 リュイーシャの身には突然の別離

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品

もっと見る