彼が恋した華の名は

史郎と聖。二人の出会いは、決して穏やかなものではなかった……。

亜衣藍

BL 完結 過激表現
1時間12分 (42,863文字)
史郎と聖の出会い、そして邂逅。男達の想いは交差し、やがてそれぞれの道を歩み出すが!?

229 899

あらすじ

芸能界シリーズで度々登場するこの二人。 スピンオフで、読み切り用に書いてみました。 この二人の若かりし頃の話を見ていると、童話の「北風と太陽」を思い浮かべますね。 史郎は力づくでも自分の方を向くように

感想・レビュー 2

語彙力と知識量の豊富さに驚く。

まず驚いたのはその語彙力の豊富さです。 そして、同じ物事を数々の言葉を使って表現するので状況がわかりやすく、尚且つ文章が一文一文芸術品のように美しいです。 そして、次に知識量の豊富さです。 商業作品
1件1件

待ち人が来るまでの間

何時も野獣そのもの、本能の赴くままに突っ走っている史郎さんにはめずらしく(失礼)感慨深げに浸っている回想がただほろ苦いです。 『甘くない』です。 例え想いが通じ合ていったとしても、唯一無二の待ち人、聖
2件2件