受賞

倭流幻想奇譚 屍小町、まかりとおす

『和風ファンタジー』大賞受賞作!! 『生ける屍』となった花魁&妖刀使いの脱藩浪人。幕末パンデミック和風ファンタジー。

味志ユウジロウ

ファンタジー 連載中
1時間56分 (69,008文字)
わっちは、もう人ではござりんせん。 赤い目の『屍小町』でござりんす。 主さん、好かねえことを言いなんすな。 読みなんし。

197 1万

あらすじ

★2019.05『和風ファンタジー』大賞受賞★やりました! ★2019.03 ファンタジー部門新作ランキング最高位3位★ ☆2020.03.26 ありがとうございます。5,000☆突破!! ☆2020

感想・レビュー 5

大賞作品の凄さ!

さすが和風ファンタジーの大賞作! 世界観の造り込み、ストーリー展開、そして多くのリサーチに裏付けられた、史実(リアル)とフィクションの絶妙のバランス。そして読者を釘付けとする素晴らしい筆力! 相当、遅
1件1件

楽しい、格好良い、面白い!

 味志ユウジロウ様、こちらでは失礼致します。歌識奏です。 屍小町、読ませて頂きました。  感想が・・・煮詰まりすぎて上手くまとまりません。凄いです、本当に凄いです。  全体的に文章の区切りがお上手で
1件1件

妖の声が聞こえてくる

 元遊女・朱音の浮遊感、脱藩侍・景茂の剣才が見事に描写され物語は進んでいきます。文体も小気味よく映像が切り取られたように読者には浮かんできます。『風の妖は今弱・ってやがんのさ。鳳凰蝶が死んだお陰でな』
1件1件
もっと見る

この作者の作品

もっと見る