セイレーンの歌声

二十歳の夏の日、私は人魚姫に再会した

53分 (31,631文字)
広い意味でのファンタジーです。雰囲気は暗め。
あらすじ
タグ
目次 1エピソード
感想・レビュー 1
作者の才能と力量が、ひしひしと伝わる
その他情報

公開日:2019/4/8

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます
もっと見る