セイレーンの歌声

二十歳の夏の日、私は人魚姫に再会した

毛玉

53分 (31,631文字)
広い意味でのファンタジーです。雰囲気は暗め。

10 520

あらすじ

短編です。明るい話ではないです。 ジャンルが自分でもわからなかったのでファンタジーとしましたが、ホラーでもあるかも? 短く区切りながらできれば毎日投稿していきます。

タグ

目次 1エピソード

感想・レビュー 1

作者の才能と力量が、ひしひしと伝わる

とても完成度が高くて、ファンタジーと日常が作り込まれた素晴らしい作品だと思いました。 文章を読んでいても、センスや力量がとても伝わって来て、読んでいる途中から、別の作品も早く読みたいと思わせてくれま
1件

この作者の作品