虹の髪のエリオン

シリーズ作品『界変のアルテントロピー』から続く、新世代ケイオス・ファンタジー小説

47 364

SF 連載中
5時間55分 (212,702文字)
ファンタジーでありSFでもある長編小説です。ストーリー重視。ハーレムはありません。

あらすじ

砂漠の高層集落『蟻塚』で平和に暮らす少年エリオンは、ある夜『アイオド』と呼ばれる球体から『神の権限』という力を与えられる。エリオンは力の意味も解らぬうちに、彼を狙う武装組織『モリド』と戦うことになった

感想・レビュー 2

ここまで創り込まれた世界に、圧巻っス!

ここまでキチンと世界を創り込んで、ストーリーを書くというのは、ホントに作者さんが、熟考を重ねに重ね書いたんだなという事が伝わりました。キャラが扱う能力、魔法、メカに至るまで全て理や仕組みを、キチンと描

読み進めてほしい。想像以上。

文才がすごいです。もちろん良い意味でエブリスタで読める作品の域を超えている気がします。さくさく読めるストーリー重視の作品が多いなかで、ここまで描写にこだわった作品はあまりお目にかかれるものではないかと

その他情報

公開日 2019/4/14

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る