最後のボクと最初のキミ

SFチックな妄想短編

4 131

SF 完結
2分 (947文字)
設定や人物の関係性や結末などは、皆様のご想像にお任せします。

あらすじ

超・妄想コンテスト(お題『人ごみ』)用に書き上げた作品です。

タグ

感想・レビュー 2

1896時間と42分の物語

導入部分からして「尊い」としか感情を表せない、しかし、だからこそ今後の展開も期待できる物語です。 おそらく今後の展開は、人間である「ボク」の死とアンドロイドである「キミ」が地球を再生させるという「王道

その行く先

私たちには空気のように思えてしまう景色が、決して叶うことのない夢として映る。 わずかとも永遠とも取れる時間の果てに、彼と彼女は何処へ向かい、何を見るのか。 続きを読んでみたい物語でした。 素敵な物語

その他情報

公開日 2019/7/30

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る