100回目で初めて

超・妄想コンテスト「100」出品作品

彌砂(ミサ)

5分 (2,747文字)

7 54

あらすじ

 私は今、噎せ返るような黄色い花の香り中に横たわっている。  毛髪に一本たりとも黒はなく、白。  顔の皮膚には幾つもの皺が深く刻まれ、お世辞にも美しいとは言えないだろう。  けれど、私は幸せだった

タグ

目次 1エピソード

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品

もっと見る