銀葉館の新米占い師と二人の館主

幽霊を探しに来た街で初恋の人と再会した女の子が、洋館で繰り広げる少し不思議なストーリー。

木原式部

5時間24分 (193,858文字)
占いやSF(少し不思議)・ヒューマンドラマや恋愛など色々な要素が入ったお話になっています。

27 297

あらすじ

仕事を辞めた文目(あやめ)は、十数年振りに小さい頃に住んでいた街を訪れる。 理由は「幽霊」を探すため……。 そして、文目は和服姿の青年に声を掛けられる。 青年は文目の小学校時代の初恋の人だった柊(ひ

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品