水晶の国

孤独な少年とドワーフ少女の冒険ファンタジー

星本翔平『カジノ・イン・ワンダーランド』

1時間26分 (51,235文字)
魔法・異種族・旅・サスペンスなど、いろいろ詰め込んだジュブナイルファンタジーです。

28 775

あらすじ

魔法の水晶玉が暮らしに根付く、コリ王国。孤児の少年ロックは、追われるドワーフの少女ガーネットを助け、共にドワーフの山へと逃げることに。二人きりの旅の中で、事態は思わぬ方向へ発展していく……。 ※この作

感想・レビュー 1

児童文学を読んでいるようでした

「人々が自分の水晶を持っているのが当たり前」で、「石の力を借りていろいろなことができる」という設定が独特で良かったです。 ちょっとハラハラするところもありつつも、全体的に柔らかな雰囲気で、死人が出ない
1件

この作者の作品