シーと亡き王女のためのパヴァーヌ

森の奥でクロアゲハ蝶が羽化し見果てぬ光の中へ飛び立ちました クリーム色の長い髪の少女が仙台の街に現れます…

13分 (7,762文字)
辻井伸行のピアノでラヴェルの「亡き王女のためのパヴァーヌ」を聴きながらお読みください
あらすじ
タグ
感想・レビュー 1件
少女を主人公にした幻想的でさわやかな読後感の作品。
その他情報

公開日:2019/5/12

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます
もっと見る