僕の願いは、夢の中から

盲目の世界から、僕は色を探し出す ―――

ケンジロウ3代目

SF 完結
7分 (4,143文字)

2 6

あらすじ

ケンジロウ3代目作短編集『夢幻3編』、第三作目となる短編小説。 

タグ

シリーズタグ

感想・レビュー 2

なかなか考えさせられる作品

 第2回コサキサク賞に参加ありがとうございます。レビューに参りました。  この作品、文章はあっさりしているし、オチも、そんなに目新しくはないです。なのに陳腐な感じがしません。これはなかなかすごいことだ
1件1件

※このコメントにはネタバレ要素が含まれます。

拝読いたしました。 小説というよりは詩的な雰囲気のする文章ですね。主人公の視点での心内描写と台詞のみというシンプルな構成と、文末に句点がない事からそのような印象を感じました。 お話の流れとしては、
1件1件

この作者の作品

その他情報

公開日 2019/5/14