たなばた堂、さいさき良し

スタートラインはいつでもどこでも足元にある

井川林檎

3時間20分 (119,451文字)
実はいつでも幸先は良いんだ

32 352

あらすじ

会社を唐突に辞めて途方に暮れていた大場せつ25歳。 明日からどうしようかと思っていたところに故郷から電話が入る。 幼馴染の御堂ゆうきが急逝し、葬儀に出るために帰郷したせつは、懐かしい町の中におかしな店

タグ

感想・レビュー 1

厳しい現実と共に生きるための心のキャンディ

 職場での死にたくなるような酷く辛い体験、私にもありますし、皆さんにもあると思います。そのトラウマと日々、折り合いをつけて何とか暮らしているのだと思います。  人は立ち向かうだけでは生きていけません。
2件1件

この作者の作品

もっと見る