受賞

人工代理母マザーG

ユートピア? それともディストピア?

星月渉

SF 完結
48分 (28,376文字)

46 436

あらすじ

2100年、日本の人口は6000万人を下回ろうとしていた。 そこで政府は出生率を上げるために産む機械を導入することを認めた。 それが「人工代理母マザーG」だった。 マザーGは産むだけでなく虐待や事

感想・レビュー 1

凄いストーリーでした

近未来小説は色々あるけど こういう観点から書かれるとは…  色々考えさせられました。尊敬します。
1件1件

この作者の作品

もっと見る