優大くんの言動はマシュマロみたいに甘くて軽い。

32 242

青春 完結
2時間22分 (84,685文字)
ピュアラブ小説大賞最終候補に選出ありがとうございます。

あらすじ

『たかが転校ぐらいで』 大人はそう笑って否定する恋だった。 プールの塩素の匂い。 美術室の埃臭い冷房の匂い。 蝉の声をかき消すような彼の笑い声。 駄菓子屋で食べたかき氷。 ひまわり畑に置いてきた気

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品

もっと見る